ヤング・サン

2015年03月15日
 モニュメントといえば1月上旬、犬山にある愛知県下最強のモニュメントも取材で見物してきました。

150315-1.jpg

 モンキーパークに立つ「若い太陽の塔」だ!
 若い太陽の塔は、大阪万博の前年にプレイベント「万国博と世界お国めぐり」がモンキーパークで開催され、そのシンボルとして岡本太郎に製作依頼したもの。老朽化て放置状態だったところを、平成23年が開園50周年&岡本太郎生誕100年ということで修復したとのこと。
 3歳児も仰ぎ見て、その圧倒的存在感におののくばかり。展望台(腰あたりの円形部分)に登らせて某媒体用にモデル撮影を試みたのだが、おののきすぎて「もういやだ~」と叫びながらさっさと降りてきてしまった。う~ん。
 そういえばむかし、友達が幼児連れで川崎市にある岡本太郎美術館に行ったところ、子供が作品群を見て大泣きして逃げ出したとか言っていたのを思い出した。恐るべしTARO。3歳児も小さいうちに連れて行ってビビらせてやりたい。

150315-2.jpg

 逃走した幼児は、モンキーパークの観覧車に一目散。仕方なく乗ったのだけど(乗りたかったけどネ)、同行した両親に聞くと僕が園の担当者に話を聞いている間に2回も乗っており、これで3周目という。ウチの子、大丈夫か!?
 でもって観覧車から眺める逆光の若い太陽の塔は、朝焼けの光の中に立つミラーマンさながらであった。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示