ZANDO山

2015年03月10日
 遠州ばなしはどんどん東へ行きまして(2月は静岡県強化月間の様相)、先月なかば、とある取材で20年ぶりくらいに御前崎へ。御前崎港のあたりうろうろしていたら、御前崎マリンパークという人工海浜公園の一角に小山がポコっとあるのを発見しました。

150310-1.jpg

 「ナントカと煙は高いところが好き」の言葉どおりの人間である私は、迷わず登ってみました。

150310-2.jpg

 角度によっては古墳のようにも見えたけれど、頂に立つと断崖の岬のように先へと伸びており、なかなか爽快な景観です。静岡県だし、きっとこれは津波避難用の山なんだな、と勝手に得心。

150310-3.jpg

 なのに、滑り台があるのはナゼ?しかもけっこう長くて、すごい楽しそうではないか。通常は遊び場、緊急時は避難場所ということだろうか。だとしたらさすが防災先進県。で、下山のときはここを滑り降りたのは言うまでもありません。今回は子連れじゃないのに、40すぎて我ながら何をやっているのか。
 しかし、あとで行政関係者に聞いたところ、この海岸の山は浜岡原発の建設の際に出た残土で「純レジャー用」に築いた山とのことでした。うーむ、由来を知ってしまったら、このご時勢ではなんとなく楽しみにくい…。

150310-5.jpg

 オマケ。残土山から見えるガントリークレーン(船にコンテナを積み下ろしする巨大クレーン)に、かなり近づけた。形が動物みたいで好もしい。
(まさ)
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示