白井恋人

2015年02月17日
 その白井市で唯一の観光的施設である「白井そろばん博物館」へ、滞在中に行ってみました。昨秋、白井駅で下車したらカンバンがあって、気になっていたので。

150217-1.jpg

 博物館は、昨日アップした3枚目の写真のあたり(白井市復)にあります。それにしても白井とそろばん、いったい何の関係が?と思ったら、業界では名のある先生が主宰する珠算塾が運営しており、建物は塾と一体化していたのであった。訪問した日も何かの試験が行われており、見学の応対をしてくれたのは塾生OBで現役のプレイヤーという若者たち。

150217-4.jpg

 1階には国内外のそろばんがずらり。しかも展示品の多くはさわれるってんで、3歳児も意外に盛り上がっている!
 そういえば小学生の頃は、ウチの地元(揖斐川町の一部地域)ではほとんどの子どもがそろばん塾に通っていたなあ。確か土曜の夕方と日曜の午後がそろばんの日で、立木珠算学校がお寺の本堂を借りて開講していたのだった。今から考えるとめちゃくちゃシブい。

150217-2.jpg

 2階には雲州、芸州、播州などアンティーク(?)がずらり。シブい、シブすぎる!10年ほど前「島根県の歴史街道」という本の取材で、島根県奥出雲町の「亀嵩そろばん」のメーカーに行ったこともあり、思わずじっくり見物してしまった。

150217-3.jpg

 展示品の中には珍品も。なんと「名古屋市末廣町 森岡屋山本商店」が製作していたもので、ブランド名はなぜか「トヨタソロバン」。名古屋でそろばんが生産されていたなんて聞いたことがない。解説によると、昭和初期~中期に作られていたとのこと。

150217-5.jpg

 せっかくなのでそろばん作り体験もしてみました。できあがった時はテンション上がっていたけれど、家では現時点で見向きもしていません。さすがに3歳児にゃまだ早いか。いずれ覚えさせようと思います。

150217-6.jpg

 ちらっと覗くだけのつもりが、そんなこんなで1時間以上滞在。満足して外に出たら、駐車場の片隅にそろばんを弾く金次郎が!オーダーメイドとのことだが、珍品すぎる…。
 なお、いつものことですが標題に意味はありません。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示