カンバンの手帖ブログ版0290

2015年01月24日
 玉桂寺前駅付近からもう一枚。駅の近くの田んぼに立っていた、自動車で玉桂寺へ行く参拝者を誘導する小坊主。



 イノシシ除け柵の内側に立ち、害獣防除の役割も果たしている…かどうかは不明である。



 そしてなぜか水色のゴム草履を履いているのであった。



 こういう小坊主は知多四国の寺でよく遭遇します。こちらのほうがカワイイが…。
 写真は美浜町北方の26番弥勒寺。日本霊場合掌友の会なる団体が寄進?したもので、島根県の出雲八十八か所霊場でも見たことがあるので、全国に普及していると思われます。
(まさ)
スポンサーサイト
西日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示