24年後に会いましょう

2015年01月11日
 12/20から開かれていた大野谷虫供養の石瀬道場が昨日、終了しました。前回の小倉道場は地元媒体の取材もあって22日間中10日も行きましたが、今回は昼に2回しか行けなかった。

150111-2.jpg

 大野谷虫供養は、常滑北部と知多市南部の12地区が毎年持ち回りで「道場」を開き、地域の人が参集して念仏を唱える行事です(詳しくは下のリンクから)。 
 虫供養に参加している地区は12年に一度、当番に当たって道場を開くのですが、うち2地区、知多市新舞子の松原区と上松原区、常滑市金山の宮山区と石瀬区は交互当番になっています。つまりこれらの区は24年に一度しか道場が回ってきません。

150111-1.jpg

 今回の石瀬区は、常滑市立青海中学校前の石瀬公会堂を道場にしました。聞けば、24年ぶりとあって当人(トウニン=虫供養を仕切る区の役員)を経験した人がほとんどいないうえ、虫供養開催区では最少戸数なので、何かと大変だったとのこと。
 次回、石瀬に道場が開かれるのは2038年。そんときゃわたしゃ67歳か。次回を見られる可能性は五分五分だな…。

150111-3.jpg ※クリックで拡大します

 なお、22日間の虫供養で何が行われるのかを、知多半島南部限定のローカル媒体の最新号に細かく書きました。常滑駅構内ギャラリーセラ、常滑市役所ロビー、常滑・武豊以南のJAなどで無料配布しているので(1/20頃ぐらいまで)、興味のある人はもらいに行ってくださいませ。
(まさ)

---------------------------------------
◎虫供養関係記事
大興寺道場(09年度)→●□
大興寺おためし→●□
西之口入仏式(10年度)→●□
西之口善の綱→●□
南粕谷道場(12年度)→●□
小倉入仏式(13年度)→●□
小倉道場→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示