恋のアーケード0030

2014年11月28日
 奥飛騨・福地で温泉とHINOMIを堪能した翌日は、高山に出て一件取材をこなし、昼前にはフリーになったので久しぶりに市街地を散策、というかチェックしてみました。前に高山&飛騨のガイドブック制作に何年か関わっており、こっちへ来るとついつい新規物件やリニューアル店舗、あるいは閉店などないか確認に回ってしまうのです。こんなこと言うとアレですが、観光客でごった返す重伝建地区の「上三之町」に、県外資本と思われるしょうもない店舗がまたも数軒出現していた。にんともかんとも…。
 ところで、高山は雪国とあって東海地方屈指のアーケードシティです。市街中心部の鍛冶橋から四方向に、歩道アーケードが伸びています。

141128-1.jpg

 鍛冶橋を挟んで東方面の安川通り。上三之町や宮川朝市と接しているので観光客向け店舗がほとんどで、一般的なイメージの商店街とはいささか様相を異にしています。
 この通り、いまどき街頭放送(主に店のCM)を日中延々流しており、なかなかシュール。煩く感じる人もたぶん多いでしょうが、なかなか田舎っぽくて僕は嫌いではない。

141128-2.jpg

 西へ伸びる国分寺通り。高山駅と観光エリアを結ぶ道で、安川通り同様、観光色が強い通り。ただ、アーケードが古く歩道が狭いので、地方都市らしい古びた商店街の味わいをとどめています。

141128-3.jpg

 北へ伸びるのは本町1・2丁目。この通りが高山の本来の中心商店街。地元色と観光色は7:3といったところ。フラッグや柱の飾りも明るく、なかなか活気を感じます。

141128-4.jpg

 そして南へ伸びるのは本町3・4丁目。完全地元仕様である。

141128-5.jpg

 でもって上三之町は、平日というのにすごい人。震災後は観光客が激減したと聞いていましたが、ここだけ見ると元に戻ったように感じる。
 しかし、外国人観光客の皆さんに訴えたいのは、リアル日本はここではなく本町界隈ということであります!
(まさ)
スポンサーサイト
飛騨雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示