タウンサインの研究0058

2014年11月19日
 瑞浪に行ったついでに、久しぶりに瑞浪駅前も歩いてみました。小さい町ですが、駅を基準に東方向が「駅前」、西方向が「本町」、南方向が「浪花」通りと、駅前界隈は3つの商店街組織に分かれています。

141118-1.jpg

 そのうち、中央線に並走する「駅前」と「本町」は一体化したふうに見えるのですが、駅前は歩道アーケードがあり、いっぽう本町はアーケードがないので、境目が一目瞭然。

141118-2.jpg

 かたや駅前商店街はアーケードの屋根から吊り下げたフラッグでアピール。どこかの国旗を思わせるデザインですが、ネットで調べたところ、この配色の国旗は見当たらず。独創的なのである。

141118-3.jpg

 こなた本町商店街は、街灯と一体化した統一カンバンで対抗だ。高級感を醸し出すデザインと味わい深い店名があいまって、誠にいい塩梅である。

141118-5.jpg

 そして駅前からまっすぐ伸びる浪花通り。田舎の商店街に銀座はよくあるけど、浪花を持ってくるとはヒネリがきいています。気になったので図書館で少し郷土史を漁ってみたのですが「昔は極楽通りと呼ばれていた」という記述を見つけたくらいで、この通りに関する詳細な資料はナシ(それどころか旧瑞浪町・旧土岐町に関するいい資料すらなかった)。由来を知っている人がいたら教えてください。

141118-6.jpg

 商店街入り口の街灯はどういうわけかウェイトレスで、捧げ持つマークは土岐氏の家紋の桔梗紋。そして向こうの駅前広場には、瑞浪超深地層研究所に関係するものか妙ちきりんなデザインの風向矢が。実にシュールな町である…。
(まさ)
スポンサーサイト
中濃・東濃雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
一番下の写真のウェイトレス型(?)街路灯、一宮市の本町通5丁目商店街(アーケード入口からしばらく南に行ったところ)にもありますよ。
一宮独自のものだと思ってたんで、まさかこんなところにもあるとはビックリです。
No title
瑞浪は先日明智に行った時、バスの待ち時間に駆け足で浪花通りだけ歩きました。

趣きある駅前だったので再訪を計画しています。
No title
matchさん
どこかで見たことあるような気がしていましたが、一宮でしたか。どこの業者のデザインなんだろう?やっぱり日本街路灯か?

ぞうまささん
御存知かもしれませんが、土岐川対岸にある二つの酒蔵(中島酒造と若葉)もいいですよ。

管理者のみに表示