TOBACCO陳列棚のフェイク

2014年10月23日
 昨日に引き続き、5月の東紀州取材で出し忘れのネタ。このときは、紀伊長島に続いて尾鷲も数時間歩き(→●□)、その極渋さに感動したのですが、町の中でこのような逸品を発見。

141023-1.jpg

 おお、見事なタバコ陳列棚。台座部分がタイルではなく石というのは初めて見た。タイルの一世代前のブツなのだろうか?しかし上部の擦り硝子が「TOBACCO」ではなく「APOTHEKE」ってなんだ?

141023-2.jpg

 と思ったら「クスリ」でした。ドイツ語で読みはアポテーケ、意味はずばり薬局。こりゃ珍品だ。ていうか、一体ここにどんな薬を陳列したのだろうか。
 なお、もと薬局のこの建物は現在、町おこし系の何かに使われているらしい。

141023-3.jpg

 この界隈は尾鷲のメインストリートにして、THE 熊野古道である。この雰囲気こそが遺産!また行きたいなあ。←昨日と同じ感想
(まさ)

-------------------------------------
◎タバコ陳列棚のいろいろ
尾張旭&鳳来小島→●□
東栄町の2点→●□
知多半島の3点→●□
スポンサーサイト
三重雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示