カンバンの手帖ブログ版0281

2014年10月04日
 またまた春夏秋冬叢書の季刊誌「そう」44号連動ネタ。伝馬シリーズの最後に岡崎を。

141004-1.jpg

 三遠南信四伝馬のなかで、栄えた雰囲気をもっとも留めているのが岡崎です。「あわ雪」で有名な備前屋を筆頭に、仏壇屋、肉屋、傘屋、銭湯など老舗が軒を連ねるだけでなく、岡崎の他の町に先駆けて歩道にタウンフラッグを掲げるなど意識も高い。人通りも他の伝馬に比べると断然多いようです。
 伝馬町一丁目交差点角では、このようなものを発見。

141004-2.jpg

 本陣・脇本陣跡の案内板と馬に乗った武士の石像…よりも、注目したいのは「映画グランド」のプレート。ここにはむかし、映画館があったのでした。そのグランドが写った写真をたまたま持っているので、ご紹介しましょう(スマホのテキトー接写ですんで若干ボケてます)。



 いや~、懐かしい…というほどのものでもないか。そもそも僕は、ここに映画館があった時代を知らないし。
 撮影は1989年4月30日。僕が撮ったのではなく、かつて先輩編集者から「好きに使ってくれ」と託された、20年以上前の某企画のボツ写真群の一枚です。
 左端に見えるのがグランド、壁には「カクテル」「オルゴール」のカンバンが見えます。信号の交差点名板は「伝馬通」ですが、現在は「伝馬通一丁目」に変更されています。

141004-3.jpg

 跡地は現在、ミニストップになっちゃった。コンビニ程度の敷地に映画館があったというのが、今ではとても信じられない。
 なお、これ以外にも80年代末の岡崎や豊田の写真をごっそり譲り受けたのだが、まだ懐かしさを喚起するにはビミョーな感じなので、もう20年くらい寝かせておくつもり。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示