三河一色大提灯まつり

2014年08月31日
 刈谷の万燈祭に続いて祭り連発。26日の夜は「三河一色大提灯まつり」を、またまた取材抜きで見物してきました。こちらも10年ぶりとなります。諏訪神社の祭礼で、名前のとおり境内に出現する巨大提灯がみもの。

140830-1.jpg

 デカい、デカすぎる!そのデカさはガンダムの胴体クラスである。いや知らんけど。
 この中には火をともした巨大な和蝋燭を入れるのですが、提灯の紙が厚いせいか一般的な提灯みたいにほのかな灯りが揺らめくような感じにはならず、外から見ている分にはロウソクが入っているかどうかよくわかりません。

140830-2.jpg

 中には大人が10人くらいは入れそう。祭礼の若衆は時々提灯の中に入って、たまった蝋を掻き出していました。その作業の最中は、入口が閉じられ密封状態になります。怖ぇ~。閉所恐怖症のわたくし、ここの氏子じゃなくて本当によかった。

140830-3.jpg

 祭好きの3歳児も祭りを堪能したようで、芋洗い状態の人混みの中を駆け出して自ら迷子になろうとしてみたり、多くの見物人が提灯を見上げている足元にうずくまり砂地に電車の線路を描く遊びを敢行してみたり、ハーメルンの笛吹きのごとく屋台で買った水笛を吹きながら無軌道に行進してみたり、チョコバナナにまぶされた仁丹みたいなヤツだけをちまちまつまんで食べてみたり、まったくもって落ち着いて見物させてくれないのであった。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示