富士乃国

2014年08月29日
 しみじみと味わい深い入出を去って豊橋方面へと向かう途上、ふと思い立って多米トンネルの湖西側にある休憩所の跡をチェックしてみました。

140828-4.jpg

 これですね。いつからあるのだろうか?この道を初めて通った90年ごろにはすでにあったような気もするが、詳細は不明。
 閉鎖状態なので出口脇の林道入り口に車を停めるしかなく、敷地内も草ボーボーで荒れるにまかせ、いずれこの富士山も崩壊するものと思われます。
 どうでもいいけど、遠州の入り口、しかも多米峠ごときに富士山とは、ちょいと違和感があります。ふじの「くに」は駿河と甲斐で、遠江のものじゃないじゃん!それに「ようこそ静岡へ」って、静岡「県」には入ったけどここは本来の意味での「静岡」ではないじゃん!そもそもわたくしは静岡県全体を「静岡」、岐阜県全体を「岐阜」などとひととくりに「県」を略して称するのも嫌いで、ひいてはこういう地名崩壊のきっかけとなった明治政府の施策も気に入らないのである。

140828-5.jpg「どうでもいいですよ、おとうさん」

 いやホント、どうでもいいことでした…。

140828-2.jpg

 車からは気が付かなかったけど、園地の隅にはトイレもありました。当初はそれなりに気合を入れた施設だったようです。
 そういえば豊橋側にも駐車場があって、大学生のころ一度だけ人の車に同乗した際、寄ったことがあったなあ。坂を下りると湖西側にも豊橋側にもいまだにラブホが生きながらえており、20年前の多米峠は立派に地元のアミューズメントロードだった…のかな?
(まさ)
スポンサーサイト
遠州雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ラブホ、終焉間近です
残念ですが湖西の102、Zoo。
豊橋側の葵、スイスなどどんどん消滅しています。
ラブホ自体が斜陽な産業ですので仕方ないかな
No title
ありゃーそうですか。沿道は独特の雰囲気で好きなんだったんですけどねー。まあ、あんまり残念というほどでもないですが…。

管理者のみに表示