TNT

2014年08月02日
 巨大公団団地の江南団地を出したのでもうひとつ、尾張北部を代表する(?)一宮の団地も出しておきます。それは戸塚団地。一宮JCTのすぐ南東にあります。

140802-1.jpg

 うーむ、普通の団地である。
 しかし、ここは通称「戸塚ニュータウン」というらしく、案内板やバス停にもその名が見える。高蔵寺や桃花台とは比較の対象にならない規模と雰囲気で、そもそも「ニュータウンの定義とはなんぞや?」ということを改めて考えさせられます。

140802-3.jpg

 団地の東端に行くとロータリーがあり、それを囲むようにして商業棟が建っています。ここだけ切り取ると、まあニュータウンっぽくなくはない。ただし、商業棟は円の三分の一相当しかないうえ、やっている店は数軒だけ。キーテナントの「戸塚ショッピングセンター」は廃業しているし。

140802-5.jpg

 ロータリーのすぐ先に建てられている案内板を見ると、団地の真ん中あたりで道が20度ほど折れていて、なんだか妙である。なんか発掘された巨大遺跡の部分のような…。もしかするとこの団地、巨大ニュータウンにする構想で建設しはじめて、四分の一まで完成したところで頓挫したのではなかろうか?

140802-4.jpg

 南側の水田からニュータウンを望む。想像するに、周囲には優良農地や古い集落があって思うように用地買収が進まず、もたもたしている間に他の開発業者が進出して小団地や分譲地を作ったりして、最終的にこういう中途半端な形状の団地になったのではないでしょうか。
 地図サイトのMapionを見ると、整然とした街路なのに町名整理がなされておらず、ニュータウンの区画内に小字が六つもあります。おそらく、ニュータウンの全貌が明らかになった時点で町名整理するはずが、途中で中断したためその機会を逸したのでしょう。
 まあでも、結果的に小ぢんまりした閑静な団地に落ち着いて、住民にはよかったのではないかな(テキトーな見解)。高蔵寺や桃花台を見ていると、なんでもデカけりゃいいってもんでもないって思うし。
 この団地について詳しい経緯を知っている人がいたら教えてください。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
一宮市民ですが、この団地の由来はよく分かりません。スミマセン。
田園地帯の中にあって、戸建中心で小規模、町名整理がされていない、というあたりが、犬山市の犬山ニュータウンに似ている気がします。
No title
すいません、犬山ニュータウンの存在は知りませんでした。
地図を見ると、道路の北がニュータウン、南が日の出団地という感じですが、字鷺寺は道路をまたいでいるし、ニュータウンというには規模が小さいので日の出団地も含めてのニュータウンなのか?線引きがどうもよくわかりません。
戸塚も、道路の西の字四辻(豊島台?)はニュータウンに含まれるのか含まれないのか、どっちなんでしょうか。まあ、どっちでもいいけど…。

管理者のみに表示