岐南におけるストリート名称の件

2014年07月26日
 またまたローカル媒体の取材で久々に岐南町へ行ったとき、町の中東部にある「おんさい広場はぐり店」(JA岐阜の産直)前の道でこのような路線名標識を発見。

140726-1.jpg

 酎ハイ通りだ!もとい、中排通りだ!羽島用水の排水路に沿っていることが由来と思われますが、実にシブいネーミングだ。

140726-2.jpg

 よく見ると、ポールに「町制30周年」のシールが貼られています。それは昭和61年。地味な道ばかりなので記念の年に名前を付けることになったけど、シンボリックなものが少ないゆえ命名に苦心した結果、このようなマニアックなストリート名称になったのでしょう。
 もしかしたらほかにも珍ストリートがあるんじゃないか?と、取材のあと町内をぐるぐる回りかけたのですが、そんなどうでもいいことをやっている場合じゃないことに気が付いてそそくさと次の取材先の江南に向かった次第。
(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
毎度同じようなコメントで恐縮ですが、ナゼ岐南町は岐阜市と合併しないんでしょう。
名古屋から22号で木曽川渡ると、どうみても岐阜市でしょ。
何にこだわってるんでしょう。
岐南町なんて「岐阜の南の町」って、ちょっと恥ずかしくなるような感じがするんだけどねー。
北名古屋市なんて住民は納得してるんだろうか。
No title
まあ、税収もそれなりに多いでしょうし、こういう町が一つぐらい生き残っていてもいいんじゃないかと…。
岐阜市と羽島市・羽島郡で大合併の話もありましたが、あっさり流れましたね。個人的には、やるのなら羽島市と羽島郡だけでと思っていましたが、柳津が裏切っちゃった。

管理者のみに表示