アウトオブ絶景本0019

2014年07月24日
 でもって、本町アーケードのすぐ南にある一宮市役所へ一年ぶりに行ってみたら、いつのまにか11階建ての高層庁舎がどどーんと完成していて驚いた。

140724-1.jpg

 どどーんとそびえる新庁舎である。旧庁舎の東隣にあった公園と駐車場を潰して建設し、今年のゴールデンウィーク明けから稼働開始とのこと。ん?てことは、旧庁舎は…。

140724-3.jpg

 なんと撤去工事中であった。手前の足場が組まれた建物がもとの旧本庁舎、後ろに見える、低層棟の上に追加で建物をぽいと乗っけたようなやつが旧新庁舎で、いずれどちらも駐車場になるらしい。うーん。
 旧本庁舎はこのような素晴らしい建物でした。

140724-5.jpg
(2009.01.14撮影)

 昭和5年に建てられた、県下の市庁舎で初の鉄筋コンクリート建築。これぞまさしく昭和の名建築だ。行政としては壊さなきゃしょうがないのだろうけれど、本町一丁目のアーケードより文化財的価値は高いし、実に惜しい。競輪事業さえガンガン儲かってりゃ保存経費とかも捻出できたろうになあ…。
 あ、役所建築マニアのわたくしとしては、旧新庁舎もけっこう好き。簡素だけどけっこうランドマーク感を漂わせているところが。
 それはさておき新庁舎ですが、展望フロアはないものの9階に大食堂、もといカフェレストラン「イチミン」がオープンし、コーヒーや食事をいただきながら一宮市街と濃尾平野の眺望が楽しめます。

140724-2.jpg

 名古屋方面を望む。

140724-4.jpg

 一宮JCTと養老山脈の縁方面を望む。いやー、なかなか味わい深い。まあ、景観にメリハリのない一宮なんでね…。
 一宮といえば「モーニング発祥地」を標榜する町ってことで、11時までは日替わりモーニングも提供されるので、今後も仕事の折々にまた寄りたいところです。なお、モーニングは豊橋発祥説もありますが、一宮サイドの掲げる根拠のほうが地域特性が色濃いので、個人的には一宮説を支持します。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示