恋のアーケード0001-0002

2014年07月23日
 先週と今週は某ローカル媒体の取材の関係で、尾張一宮近郊ウィークとなっております。今日も一宮市街へ行ったところ、明日から七夕まつり(→●□)ってんで町じゅうに七夕飾りがはためいておりました。

140722-3.jpg

 今日は観光客はいなかったけど、近所の通行人やデイサービスの人たちが眺めていました。全覆型のアーケードというのは、猛暑の折にはホントありがたい。安城の七夕まつりは暑さで眩暈するから…(→●□)。
 このアーケードは真清田神社門前から伝馬通りまで400mもあったのですが、先週も市役所に行ったついでに歩いてみたら、真清田神社側の100m(本町一丁目)が撤去されていて唖然。

140722-1.jpg

 うーむ、サッパリ。以前はこんな感じでした。

070508-1.jpg
(2007.05.04撮影)

 二~三丁目に比べるとずいぶん古びてはいたけれど、まさか消滅とは…。ネットで拾った情報によると、昨年5月から7月にかけて撤去された模様。

140722-4.jpg

 北側の撤去により露わになった二丁目の入口。こんな形をしていたのか。道幅が広いこともあって、なかなかダイナミックな構造物である。どうせならここに、旧入口の「本町商店街」のサインを取り付ければよかったのに…。

140722-5.jpg

 あとどうでもいいですが、七夕飾りの間に賑やかしのアーチがいくつか設置されており、そのうちのひとつが「ゆるキャラ、地元キャラ大集合」。3月限りで廃止となった一宮競輪のキャラ「きらりん」(→●□)の姿がどこにもないのは、実に悲しい。そのいっぽうで、もとは常滑競艇のキャラだったのが市制60周年の今年度から常滑市公式キャラに昇格した「トコタン」が、なぜか一宮市の「いちみん」を押しのけてセンターに!うーむ、釈然とせん…。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ようこそ我が地元へ。
この七夕飾りは私も職場の関係者たちと一緒に手伝いましたよ。
そしてアーケードの一部撤去、老朽化が激しかったとはいえ本当に残念な限りです。
二丁目の入口もどこか殺風景で、もう少しどうにかならなかったものかと…
No title
伝馬通り側の入口とのギャップが激しすぎますね。七夕祭りのアーチの優秀作品を一年間常設しておくとか…。
No title
JR東の平塚駅の駅メロは、たなばた様。今の時期はいいけど、正月早々流されてもどうかと。
No title
季節限定にすればレア感があっていいのに…。逆にJR東海には見習ってほしいところですね。

管理者のみに表示