タウンサインの研究0051

2014年07月15日
 昨日の続き。レンタサイクルで春日部市内をウロチョロしていたところ、市域の東部でこのようなバス停を発見。

140715-8.jpg

 文化住宅入口バス停です。文化住宅ってなんだ?文化シャッターの仲間か?
 辞書サイトで検索したところ「大正末期~昭和初期に流行した洋風の要素を取り入れた民家」とある。そんな早くに、そんな家々が軒を連ねる建売分譲地が春日部にあったのだろうか。

140715-1.jpg

 近くには「藤ヶ丘文化村」なるサインを発見。東急文化村、あるいは伊勢・安土桃山文化村(→●□)的な何かなのか?

140715-11.jpg

 そんなわけで興味津々で界隈に入り込んだのだが、どこらへんが文化住宅で文化村なのか傍目にはぜんぜんわからない、普通の住宅地であった…。
 でも、こんなところで三河屋さんに遭遇。いずれ「日本三河屋紀行」をやってみたいと思っているので少し話を聞きたいところですが、我ながら意図不明のこの企画の趣旨をうまく説明できる自信がないので、今回はスルーした次第。いずれ春日部に再訪…することは、まあ、ないな。
(まさ)
スポンサーサイト
東日本 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示