恋のアーケード0026

2014年07月10日
 10日ほど前、取材で久しぶりに若狭小浜へ。今月20日に若狭舞鶴道が全線開通するので、名古屋方面からはずいぶん行きやすくなりますが、開通前なのでまだまだ遠い。

140710-4.jpg

 往路は、18年ぶりに熊川宿を通ってみました。薄オレンジの道路が目に眩しい!家並は見事だけど、この舗装はもうちょっとなんとかならんもんかいな。行政にとって舗装のカラーリングは難しい課題とは思いますが…。
 小浜では、編集担当から「道路に埋められた『鯖街道起点』のプレートの写真がほしい」とリクエストされたので探したところ、件のブツは全覆型アーケード商店街の中にあることが判明。なんと、小浜にアーケード商店街があったのか!何回か来ているけどぜんぜん気が付かなかった。もっとも、最近は記憶が飛ぶこと著しいので、見たことがあるのに忘れている可能性もあります。

140710-1.jpg

 鯖街道プレートのあるアーケード商店街は「いずみ町」。古い商家が点在するシブい町の中に、突然入口が現れて驚いた。鯖なので、イメージカラーが青なのでしょう。よく見ると、アーケード上部に鯖の模様らしきデザインがあしらわれている。ビニールテント地の日除け(風除け?)の縦縞も鯖っぽくしているのだろうか。芸が細かいぞ。

140710-2.jpg

 ちなみに鯖である。取材先の水産物加工メーカーで撮らせてもらった「へしこ」(鯖の粕漬)です。
 どうでもいいけど、鯖といえば「焼き鯖」も若狭名物ですが、これが保存食だということを取材先で初めて知りました。焼きたてをその場でムシャムシャ食うものかと思ってた。

140710-3.jpg

 商店街は激シブ。平日午後の中途半端な時間だったので客は一人も歩いていませんでしたが、鮮魚店や干物店が何軒か営業しており、鯖街道資料館なんかもあって、曜日や時間によってはそれなりに賑わいそう。
 なお、小浜には歩道アーケードの商店街もありました。
(まさ)
スポンサーサイト
北信越 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
熊川宿のカラー舗装はなんですか。
ひどいですね。
非舗装という選択は相変わらずないんですね。頭悪いなあ、みんな。
No title
電線地中化したまではよかったんだけどなあ~、ってところですね。いい資源を持ちながら景観まで考えていない自治体がいかに多いことか。制約やしがらみ、いろいろあるのはわからんでもないけど…。
>曜日や時間によってはそれなりに賑わいそう
10年ぐらい前に社員旅行で行きましたが・・・確か日曜
ガラガラでしたよ・・・
No title
うーむそうでしたか。その後の「ちりとてちん」効果で少しは客が来ている…といいですね…。
No title
「へしこ」も「焼き鯖」いいけれど、滋賀の朽木の栃生梅竹で売っている「鯖寿司」はベラボーに美味しかったなぁ。下賀茂の花折や、いづうのに匹敵、いやそれ以上か…。って、もう最近は、食い気です。
No title
朽木は一度も行ったことないです。鯖寿司、食いてえ~。

管理者のみに表示