三河線が100周年

2014年02月18日
 今年はなんと、三河線開通100周年の記念イヤーだそうです。ときどきヘッドマーク付きの車両がやって来て、刈谷駅では記念写真展が開催れております。3/5までで、碧南駅でもやっているらしい。

140216-1.jpg

 会場は名鉄改札内のエレベーター連絡通路。何年か前まで使われていた行き先表示板も展示され、なかなかいい感じです。

140216-2.jpg

 なかなかいい感じである…って、なんというか、実にこう、三河線らしいですネ!
 空間の関係上スカスカに見えますが、展示してある古写真じたいはなかなか質がよく、地元民ならば見応えがあるんじゃないでしょうか。特に、移転間もないころの知立駅周辺の空撮は見もの。田んぼばっかりで驚きます。
 そういえば、かつて勤務していたK出版社で、先輩編集者が「三河を走って85年」という好著を作り、たまたま手が空いていた僕も少し手伝いで沿線の写真を撮りに行ったなあ。あれからもう15年もたつとは。なんだか100年よりも驚いてしまう。

140216-3.jpg(2004.09.03撮影。以下同じ)

 オマケ。かつて知立駅の三河線ホームには、行き先表示板入れがありました。

140216-4.jpg
140216-5.jpg

 さらにオマケ。10年前の一時期、こんな復刻カラーリング車両が走ってました。今考えると開通90周年記念だったのね。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示