タイル張りの防火用水の苦悩

2014年01月28日
 タイルといえば、ローカル媒体用に「いい絵」を求めて常滑市街を徘徊していたところ、全面タイル張りの防火用水桝(正式名称知らん)を発見しました。
 防火用水桝というと、一般的にはこういうシンプルで安手なものが多いと思いますが、

140128-1.jpg
(犬山市街にて)

 常滑市街の路地裏には、このような逸品が!

140128-2.jpg

 おお、さすがタイルの町である。田舎の民家の軒先や墓地には、タイル張りのシンク(でいいのかこの場合?)をよく見かけますが、ここまで凝った防火用水はあまり見た記憶がないです。

140128-3.jpg

 内側も美しいねえ。気泡のような大小のモザイクタイルは、古い便所や古い飲食店の玄関先あたりでよく見かける気がします。
 近所のおばちゃんによると、あまりの見事さに持っていこうとした人がいたけど(コレクター向けのバイヤーか?)、地面にしっかりくっついてて取れなかったらしい。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示