リトル虫供養

2014年01月24日
 1/3は、虫供養小倉道場を覗いたあと、昼前には知多市日長の大龍寺で催されていた「小供養(こくよう)」もチラっと見に行ってみました。大野谷から派生して始まっためこの名前が付いたとかなんとか。噂には聞いていたが見るのは初。いろんな行事があるもんでうす飛騨位山(意味ナシ)。
 これは大野谷の北に位置する岡田、日長、新舞子の7地区持ち回りによる虫供養で、1/1~3の開催。7地区持ち回りと言っても地区ごとにさらに小地区に細分化されているので、7年に一度定期的に開かれるわけでもないらしく、表を見せてもらったが複雑すぎてさっぱり理解できなかった。うむむむ。

140122-1.jpg

 国道155号の近くには、開催を告げる大幟が立っております。

140114-4.jpg

 道場の大龍寺に行ってみると、ちょうど岡田の人たちがぞろぞろとお参りにやって来た。各地区が順々におまいりに来るのは“本”虫供養と同じ。南無阿弥陀仏の軸を中心に何種類もの軸を並べそれに向かって念仏を唱える形態も同じ。
 残念ながら時間がなく(2時までに日間賀島へ行かねばならなかったので)念仏は聞けなかった。来年また見に来るか…。

140122-2.jpg

 目を引いたのはお供え物。六角柱に丸い煎餅を貼り付けたものがずらっと!なんだこりゃ?聞くと「餅花みたいなもんじゃないか?」とのことだが…。これについて知っている人がいたら教えてください。
 年頭の知多半島の行事シリーズはいちおうこれでオシマイ。やれやれ。と言いつつ、日曜には師崎の左義長へいちおう取材で行きます。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示