カンバンの手帖ブログ版0261

2014年01月14日
 日間賀島の主目的は、1/3に日間賀神社で行われた通称「たこ祭り」です。日間賀島の代名詞はタコだし、名前からして見物客が詰めかけそうな感じがするけれど、特に宣伝などはしていない模様。情報があまりに少ないので、前日の1/2に段取りを確認に行ったわけです。
 流れはだいたい以下のとおり。

140114-2.jpg

 1/3の朝、村人たちが神社に集まって、干しダコを蒸して、ブツ切りにし、日本酒をまぶして揉み、束にして神饌を作ります。午後、神前にそれを供えて神事を執り行います。そのあと浜に出て、神職たちが弓を引いての吉兆占い。

140114-5.jpg

 それから社務所に戻り、神饌のタコを皆で食べて(作法があるが細かいので省略)、おしまい。
 人気の高い祭礼のような「ヤマ場」などは特になく、地元の東地区の人だけでささやかに行う正月行事で、実に味わい深かったです。的当て神事のときだけ、たまたま浜辺を散策していた観光客がギャラリーに加わった程度。
 なお、神饌を作り終えてから神事が始まるまでに4時間もあったので、いったん本土に戻って2か所で他の行事の取材をこなしてきました。我ながら正月早々頑張るねえ。

140114-7.jpg

 このタコを食べさせてもらったのだが、とても美味。まさに酒の肴。帰りしなにどっさりいただいたので、天気もいいことだし酒でも買ってタコをクチャクチャ食べながら最終便までのんべんだらりんと過ごした…いところだったけど、仕事があったので16時前の便で帰ったのであった。嗚呼。
 で、船待ちの間に東港の待合室で見つけた観光案内カンバン。

140114-8.jpg

 内海フォレストパーク、伊良湖フラワーパーク、旧蔵王山展望台、三ヶ根山回転展望台など、航路や鉄道も含めてなくなったものがいろいろ描かれている珍品です。ファンシーなロゴがいかにも昭和末期っぽい。あと、中日の2軍がむかし本拠地にしていた「阿久比スポーツ村」が大きく描かれているのもポイント高い…かな?2軍を独立採算制にして「阿久比ドラゴンズ」にすればよかったのに。なんか弱そうだけど。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示