郡ロード

2014年01月13日
 今年は、2日から昨日まで知多半島の行事取材ラッシュで、11日中8日も知多半島のシブい行事を見ておりました。その一環で、昨年は一度も渡らなかった日間賀島へも今年は2日・3日と連発で行ってきた。
 漁港では正月ということで、ド派手な大漁旗が強風にバサバサ揺れておりました。日間賀島、篠島、師崎は漁船も多く、なかなか壮観です。

140112-1.jpg

 そして浜には、タコ漁の仕掛けがドカドカ積まれておりました。

140112-2.jpg

 まあ、正月でなくても見ることができますが。
 そんな正月気分に包まれた(?)日間賀島をウロウロしていたところ、中学校の前でこのような石碑を発見。

140112-3.jpg

 大正12年に建立された「郡制記念道」の石碑です。
 今では町・村の住所を書くときしか使いませんが、かつて「郡」は県と町村の間にある歴とした行政組織なのでした。しかし、郡制が廃止されたのは大正12年。ということはこの碑は、郡制施行記念ではなく郡制廃止記念ということになる。廃止記念に道を開いたとも考えにくいが、どういうことだろうか?

140112-4.jpg

 これが郡制記念道。要は、日間賀島の東の集落と西の集落を結ぶ道です。学校や支所はこの道沿いの、ちょうど中間に位置しています。

140112-6.jpg

 このへんからは、松の木ごしに篠島や渥美半島が見えます。ああ、美しい…けれど、正月早々いちおう仕事で来ているんだよなあ。微妙な正月気分でありました。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
日間賀島は面白いですね。
ちょっと船に乗るだけで都会とは違う不思議なあの感じ、、。
中学校の横を走るバイクのおばさん、ノーヘルですよね。
治外法権の島!駐在所の前を平気で、原付に二人乗り。もちろんノーヘル。
小学校の金次郎さんは、名古屋市内の学校では考えられない痛々しい危険な状態です。かなり古いことはまちがいないでしょうけど。
消防団の研修旅行の定宿「やま平」のかーちゃんは絶品です。

日間賀小学校の金次郎さん。
http://kinjiro.a.la9.jp/himaka.htm
No title
ヒマ小のニノキン、現地で見ました。要介護状態ですね…。

管理者のみに表示