入口に蛇口

2013年12月31日
 昨日の松戸競輪場へは、諸般の事情でまたまた成田山に参拝したのち、成田からJR成田線→常磐線経由で行きました。成田線は、成田から我孫子まで千葉県の北端を走る路線。松戸もさることながらこの線も東海地方の人間にとってはまったく馴染みがないことでしょう。
 乗ってみたらけっこう味わいのあるローカル線でよかった。特に東半分は田園風景の向こうに印旛沼がちらちら見え、なかなか雄大。この感じは東海地方ではあまりないです。あえてたとえるなら…尾西線?
 駅舎もレベル高いのがいくつかあったので、今朝車を借りて回ってみました。



 下総松崎駅。シブい、シブすぎる!



 駅舎入口にはこれまたシブいタイルの手洗い場が。



 安食駅。駅頭の石段とセメント瓦でシブさ倍増だ!



 ここにも入口に手洗い場が。今まであまり気にしたことなかったけど、この場所にあるものだっけ?ホームではよく見るが…。関東流だろうか。



 小林駅。前の2駅に比べると若干格落ちかな。



 しかしホームを覗くと古い琺瑯製の行き先表示板が!シブい。
 てな感じで今年も地味なところで終わってみました。今年は二回の東北行きをはじめかなり動き回ったわりにぱっとしない一年だったので、来年はこう、ぱっと、ぱっとサイデリア。古いねどうも。
(まさ)
 
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示