フリフリ草草

2013年12月05日
 先週末、久しぶりに少しスケジュールが空いたので、取材半分遊び半分で奥三河を徘徊しました。3日連続、しかも2歳児連れで。今年は不本意ながらあまり奥三河に行けなかったので、彼の地の空気をたっぷり吸って、飢餓状態がようやく収まった感じです。どんな飢餓だ。
 で、火の見櫓調査以来5年ぶりくらいに東栄町の上粟代へも行ってみたところ、地区のランドマーク建造物が消えていて愕然。

131205-1.jpg

 以前、ここには下のような建物がありました。

131205-2.jpg
(2003.08.20撮影)

 旧北設楽郡振草村役場です。登録文化財になってもおかしくない、二階建ての見事な役所建築だったのに、惜しい。昭和の大合併以前の役場庁舎は、東三河では残すところ旧段嶺村、旧七郷村、旧福江町役場くらいになってしまいました(もし他にもあったらぜひお知らせください)。

131205-3.jpg

 平成19年3月に閉校になった旧粟代小の校舎は丸ごと残ってました。

131205-4.jpg

 さすがに運動場はちょと荒れた感じ。ここへ至るまで2時間ほど熟睡していた2歳児を遊ばせようと思ったのだが、いささか淋しい雰囲気を嫌ったのか「イヤ、遊ばない」と言ったのでやむなく撤収し、そのあと旧月小学校と旧神田小学校で遊ばせた次第。って、子連れで廃校めぐってなにをやっておるのか(そもそも取材の要素がどこに)。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示