タウンアーチの先へ0043

2013年11月09日
 今日、久しぶりに安城市街を通ったら、花ノ木商店街のアーチが撤去されていた。

131108-1.jpg

 以前は、上の写真の奥の方(市役所の近く)にこういうアーチがありました。

131108-2.jpg
(2013.03.02撮影)

 特に興をそそる形状・デザインでもなかったのでじっくり観察したことはないのだが、時計付きという珍しいもの。安城市の中心部に位置する花ノ木町・御幸本町・末広町にかけて大規模な区画整理事業が進行中で(安城南明治第一土地区画整理事業)、その絡みでの撤去と思われます。この写真を撮った3月と、南吉イベントがあった夏に界隈を少し歩いたところ、工事はかなり進んでいました。
 このアーチが建てられていた道は、市役所・市民会館と花ノ木通りを結ぶアクセス道路的な存在で、街灯には「花ノ木スズラン通り」と表示されています。アーチは要するに市役所・市民会館の利用者を花ノ木商店街へ誘導する役割を果たしていたのでしょう。

131108-3.jpg

 花ノ木商店街のメインストリートは、碧信本店の脇から斜めに伸びる道になります。狭い通りに沿って古い店みせが建ち並ぶ、安城随一のシブい商店街。ちなみにウチら夫婦は地元の友人に勧められて、この通りにある鍼灸院にたびたびお世話になっております。この通り、今は碧信のところで切れていますが、昔は「朝日町西交差点」まで伸びていたとのこと。
 区画整理で今後どう風景が変わるのか、マニアは要注目!
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
こんばんは
二番目の画像のアーチですが

気になって 今年の夏撮影した
"七夕まつり"の画像を
確認してみましたが

夏以降に 撤去された様ですね

七夕まつりの時は
現役でした
No title
それほど古そうでもないし、撤去はちょっと意外でした。そういえば何年か前、安城駅前にあったステンレス製(?)の新しげなアーチも撤去されましたね。
No title
安城南明治第一土地区画整理事業の設計図(http://www.city.anjo.aichi.jp/kurasu/machidukuri/kukakuseiri/minamimeiji/documents/sekkeizu.pdf)を見ると、花ノ木商店街は跡形も無く消滅させられるようですね。
大胆というか、無惨というか・・・
No title
明治以降に開かれた新しい町なので、地元民もそんなに古いものに執着していないんでしょうか…。
No title
花ノ木商店街の中ほどにある花ノ木橋の石柱の横には個人所有の金次郎像が有りますね。
以前撮影の許可を所有者にお願いしたら、撮影・取材も拒否されてしまいました。なにか曰くが有りそうで興味が湧いてたんですけどね。
アレも撤去されてしまうんでしょうか。
祖父や親の心情が子・孫の代になって伝わってないってことのような気がしますが、、。
No title
おっしゃるとおりですね。撮られたくないのなら自宅に隠し持っとけという話で。

管理者のみに表示