さらば武豊駅の駅員さん

2013年10月23日
 昨日は武豊市街で取材があり、車の都合でJR武豊線に乗って武豊へ。宮脇俊三が名著「時刻表2万キロ」でたった2行しか触れなかったこの路線(→●□)、ここ2年ほどはやたらと利用しています。沿線に小ネタは豊富なのですが、車窓風景で盛り上がるところはほぼ皆無で、宮脇先生が何も書かなくても仕方がない。
 武豊で下車したところ、自動改札機が設置され、駅員さんがいなくなっていた。

131021-1.jpg

 うーん、ただでさえ味気ない武豊線なのに、これではますます味気なくなるではないか。

131021-2.jpg

 駅員が不在になるとともに、待合室に置かれていたパンフ類も撤去され、さらに寂しい雰囲気に。もっとも、武豊駅が寂しくなかった時代のことなど知らないのだが。以前、駅近くの八百屋さんに取材したところ、最盛期には貨物の職員だけで常時20人以上もおり、商店街のいいお客さんだったそうな。
 駅に貼ってあった告知によると、10月1日から利用方法が変わり緒川、東浦、亀崎、乙川、東成岩、武豊に自動改札機が導入されたとのこと。ということは緒川・東浦・亀崎も無人化されたのか?確認に行かねば。
(まさ)

-------------------------
◎武豊線小ネタ
半田駅→●□
東成岩駅→●□
武豊駅→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示