恋のアーケード0022

2013年09月11日
 小松には総延長約600mにおよぶ三本の全覆型アーケードがあります。県庁所在地でない地方の中小都市でこれだけの規模が残っているのは珍しいのではないか。まさしくアーケードシティ。
 ただ、クソ暑い平日の午後なんで閑散としてましたが。

130911-1.jpg

 日時によっては人がたくさん歩いていることでしょう…たぶん。
 正式名称は「八日市商店街」「三日市商店街」「中央通り商店街」で、4年前に来たときはこういうフラッグや暖簾みたいな飾りはなかったように思うが、この4月にそれぞれ「八の市 曳山通り」「三の市 朱門通り」「猫橋飴屋通り」という愛称が付いたらしい。いずれもマニア好みの見ものが多くて、実に素晴らしいアーケードでした。小松に行ったら必見!

130911-2.jpg

 予讃線の伊予小松!?

130911-3.jpg

 心を捉えて離さない何かを持った勧進帳ドラえもんなのである。

130911-4.jpg

 曳山通りアーケードのの北入口にはホオズキの化け物が!
 いつになるか分からんけど北陸新幹線の小松延伸まで現状をキープしてほしいものです。
(まさ)
スポンサーサイト
北信越 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示