阿南町デー

2013年08月29日
 前回の続き。何しに阿南町へ行ったかというと、県境の町・新野で開催された「水鉄砲フェスティバルin新野」が目的でした。

130827-1.jpg

 これは、仕事で知り合った新野在住のカメラマンGさんら地元有志による企画・主催イベントで、今回で3回目。小学校のグラウンドで水鉄砲を撃ちあい、首からぶら下げた金魚すくいの「ポイ」が制限時間中に破られなかったら生き残りということで、賞品(屋台で使える券)がもらえるというものです。
 我々も童心に帰って、というか大人げなく水鉄砲を乱射しまくりで、面白すぎ。僕も地元のガ…いや、お子様たちには集中砲火を浴びせられて、昼前にはびしょ濡れ。高原なので涼しいを通り越して寒かった。

130827-5.jpg

 普段は操法の練習や訓練などに使われる消防用の水槽も、ご覧のように有効活用されております。
 終わったあと、売木の「こまどりの湯」へ行こうと市街地を通り抜けると、町の真ん中に屋台が組まれているのを発見。なんとこの晩は、国の無形民俗文化財に指定されている「新野の盆踊り」の開催日(盂蘭盆)なのだった。僕は10年前に一度見たことがあるけど、嫁は未見だというので、風呂のあと帰るつもりだったのを変更し、夜まで滞在することに。
 で、時間をつぶしに阿南町中心部方面へ向かったところ、国道151号沿いのスーパー「ナピカ」のあたりで祭りの準備をしている人々に遭遇。何かと思って聞いてみると、今夜は近くの三郷神社の祭礼で、花火があるというではないか。これも見ねば。

130827-2.jpg

 で、明るいうちは久しぶりに泰阜方面をウロチョロし、日が暮れるころナピカの駐車場へ。2歳児は、初めての手持ち花火以来花火恐怖症(?)になってしまったので、車中から見物しました。山に花火破裂音が反響してかなりの迫力。しかも、隣の地区の早稲田神社でも祭礼花火が打ち上げられており、振り返るとそちらも見ることができて贅沢です。

130827-3.jpg

 打ち上げ花火が9時少し前に終わると、山上の三郷神社に移動し、狭い境内で「大三国」と呼ばれる仕掛け花火を見物。火の粉が降りかかりそうなほど近くで、凄かった。2歳児は、泣きはしなかったけど硬直しておりました。

130827-4.jpg

 でもって10時ごろに新野に舞い戻って、盆踊りに参加。鳴り物はなく、盆歌だけが町に響き渡り、しみじみとした雰囲気が実にいいです。
 盛りだくさんの1日に疲れ切った2歳児はとっくに爆睡しており、母親だけが1時間以上も踊り続けたのであった(見よう見まねで)。
(まさ)
スポンサーサイト
伊那谷雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
なんだ、この時期だったか…。もうやってないよね、新野の盆踊り。いいよねぇ、そこはかとなくて。一晩中やってるもんね。誘ってくれたら行ったのに…って、よく考えたら仕事してたな。また、どこか、遊びに行こう。
No title
新野の盆踊りは14~16と第4土曜です。
行くとなればやはり石見神楽…って何年も前から言い続けてますが。

管理者のみに表示