住区東郷

2013年08月11日
 先月下旬、中日新聞のなごや東版に東郷町の大規模区画整理事業の記事が載っており、区域を見るといつも車で通っている地区だったので、先日少し立ち止まって見物してみました。
 名称は「東郷セントラル土地区画整理事業」。場所は東郷町役場の西側一帯で、県道瀬戸大府東海線沿い。知立から尾張旭の嫁の実家に行くルート上にあたり、なじみ深い景色です。

130811-1.jpg

 東郷消防署のやや北から眺めた区画整理エリア。この景観こそザ・愛知郡。のどかきわまりない。もっとも、写真には写っていないけど近くまで宅地が迫ってますが。
 記事によると、ここにエコロジカルな新興住宅地が開発され、ららぽーとが進出するそうな。まあ、地元民ではないのでノーコメントです。

130811-2.jpg

 区画整理エリア内にはこのようなそそる未舗装道路もあります。暑いしヤブ蚊がいそうなので突っ込んでいくような無謀なマネはしません。
 開発の是非どうこうではなく「宅地開発と日本人のメンタリティ」や「景観の変化に対する日本人の意識」などに前から興味があるのですが、自分で考えても結論が出ないし、そういうことを書いた本にも今まで出会ったことがない。ここの事例は考察のいい機会かもしれません。が、東郷町なんぞにあまり食指が動かないのも事実で…。
(まさ)
スポンサーサイト
尾張雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
およそゴルゴ13が来そうにない土地だ
No title
がんばってますね、東郷町。
合併するなら三好町でしょうけど、そんなウワサもなさそうだし。
小回りが利いてやりやすいんでしょうけど、その内御上(おかみ)からのイジメがきつくなりそうです。
もう、巨大!豊田市のような訳の分からない合併はやめて欲しいんですけどね。
俺は初めて会う相手に利き腕を預けるほど自信家じゃない
役所が使う公式名称に「セントラル」はないよなあ。頑張っててもセンスが…。

管理者のみに表示