巨鯛と2歳児

2013年07月30日
 知多の祭りネタ連発ですが、土日は南知多町豊浜の鯛祭りを2年ぶりに見物に行ってきました(2年前はこちら→●□)。土曜日はいちおう取材というか記事にできるかのリサーチで、鯛ではなく、津島神社に奉納される太鼓演奏が目当てです。

130730-1.jpg

 前方に締太鼓、後方に長胴太鼓を据え付けた車を転がして、地区から神社へと向かう途中の光景。この長胴太鼓を打つのが豊浜の子供には憧れだったらしく、むかしはそれに選ばれた家はこの2日のために豪華な衣裳をあつらえたそうな(今は統一)。その古い衣装を集めた展覧会がこちら→●□
 この太鼓は「振り」と「溜め」の占める割合が非常に多く、笛の音が響いていても太鼓の音はなかなか聞こえない。ここまで叩かない太鼓も珍しいのではないか。 

130730-2.jpg

 日曜日は早起きして、7時半から行われた豊浜漁港での海中遊泳を初めて見物。中洲では担ぎ手が海に入ってわっさわっさと鯛を揺らしていたが、こちらは漁船で鯛を曳航するもので、昼間の荒々しさと対照的にまったり系だったのは少し意外だった。どうでもいいけど、4匹の巨鯛が海をぐるぐる回る光景を見ていたら、かわぐちかいじの「沈黙の艦隊」で各国の原潜がやまとの周囲をぐるぐる回るシーンを思い出した。
 2歳児は、入水前まではけっこう盛り上がっていたけれど集中力が続かず、遊泳中は前日に屋台で買ったきかんしゃトーマスのヨーヨーに夢中なのであった。
(まさ)
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
私も行きましたよ。
豊浜の友人から「今年は前厄で海に入るから」と言うので
朝6時に名古屋を出ました。
最後の打ち込みまで見て帰りましたが、まったく日陰が無く
三匹目くらいから頭がボーッとしてきました。
あの暑さで太鼓打ちの少年や鯛をかついで突入する若者はすごいですね。
No title
見に来てらしてたんですね。
確かにこの祭りはやる方も見る方も暑くてたまらんですねー。近所のファミマとスーパーヤナギが駆け込み寺のような存在で…。

管理者のみに表示