項羽、黄門、ドラえもん

2013年07月03日
 日曜日の午後、ウチの2歳児が「めいてつでんでんのゆ(乗る)」とうるさいもんで、近所の重原駅から三河線に乗って吉浜まで行ってみました。高浜市吉浜というと、人形と養鶏の町として一部マニアの皆さんにはお馴染みかと思います。
 で、久しぶりに吉浜を歩いてみたところ、旧大浜街道沿いに観光施設が出現していて驚いた。

130703-1.jpg

 その名も「おいでん横丁」だ!吉浜細工人形の常設展示場を集落内にいくつか設置し「人形小路」と銘打って観光コースに仕立てたときも驚いたけど、これにもたまげた。碧海の集落の典型ともいえるシブい集落に、こういうものが成立する時代がこようとは。
 高浜名物として売り出しを図っているとりめし(→●□)や焼き鳥などを食べさせてくれる飲食店を核に、土産屋、駄菓子屋、雑貨屋などが入っています。飲食店は、とりめしによる町おこしの仕掛け人である「おとうふ工房いしかわ」がやっているらしい。

130703-2.jpg

 建物の一隅には、地元キャラぬいぐるみとキリンラーメン(碧南の小笠原製粉のラーメン)のUFOキャッチャーが置かれていました。これはシブい。しかし、食材がキャラってのもなんというか…。

130703-3.jpg

 でもって吉浜細工人形の常設展示場もいくつかチェック。三国志と御老公と猫型ロボットによる謎の競演に2歳児も大喜びで、長椅子の上で奇声を発しながら五体投地のような動作を3分ほど続けたのであった。
 碧海にもあとひとつふたつ、こういう面白い集落や施設があるといいんだが。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
項羽は『三国志』じゃないっすよ!
アソコを切られた司馬遷の『史記』に出てきます。
あと、せっかく正文館の棚ではるなつの単行本目立つよう置いたのに、翌週行ったら戻されてましたわ!(涙)
No title
自演と思われるじゃないか!

管理者のみに表示