公民館附属HINOMI

2013年06月13日
 先日、仕事で岐阜郊外に行った際、市域の西端に位置する下西郷という集落で木造公民館を発見。

130611-8.jpg

 シブい!けど、まあこのくらいの建物ならまだけっこうあちこちに残っています。見どころは、左の軒下にぶら下がっている半鐘。それもよくあることだけれど、近くで見てみたらすごい代物だった。

130611-7.jpg

 なんと木製の梯子付き!東海地方ではまず見られなくなった「火の見梯子」の一種とみなしていい珍品だ!公民館が建て替えられると同時に消滅してしまう物件なので、ぜひに登録文化財化を…(←久々のフレーズ)。
(まさ)
スポンサーサイト
岐阜中部・西濃雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
公民館・公会堂にはよく半鐘がぶらさがってますね。
火の見櫓撤去で、移動されたものが多いように思います。
はしごが有るのは確かに珍しいです。
もともと最初からついてたのもあるようで、調べたら
面白そうですが、、、そうでもない?

先日、知多市方面へ行ったら、知多市の金沢の公会堂が無くなっていました。
いい感じの建物でした。
常滑市小倉のは、まだ利用されてるようで撤去の計画はないそうです。
コチラのページです。

http://marukado.blog75.fc2.com/blog-entry-973.html
No title
金沢公会堂マジですか!?春にはあったのに…。

下西郷公民館は、梯子が建物の壁と同じくらい古そうだったので、たぶん移設ではなく建設時からのような感じです。機会があれば地元で話を聞いてみたいですね。


管理者のみに表示