カンバンの手帖ブログ版0243

2013年05月14日
 房総半島の旅は、宿泊地の安房鴨川から南房総市千倉→野島埼灯台→館山と海岸づたいに周遊。このあたりは完全に未知の土地で大変興味深かった。房総半島南部を簡単に表現すると、地形的にも観光的にも「派手さとワイルドさを10倍にした渥美半島」という感じですかね。ちょっと違うか。
 最終的には富津市の金谷港まで行き、一度乗ってみたかった東京湾フェリーで神奈川県の三浦半島へ。船待ちの時間調整で内房線の浜金谷駅に寄ってみたところ、駅前の公民館の入り口にこんな看板が立っていた。

130514-1.jpg

 東京湾口道路!?アクアラインじゃなくて?
 帰ってからネットで調べてみたら、東京湾フェリーのルート上に巨大な橋を架ける構想のようで、現在は計画が頓挫しているらしい。実現するとは思えない伊勢湾口道路を彷彿させますが、伊勢湾口の方がカンバンは気合が入っている。

130514-2.jpg

 この日は午後から悪天候で、東京湾フェリーもかなり揺れました。アクアラインは強風通行止めだった模様。フェリーの乗船時間は40、50分ほどで、伊勢湾フェリーや師崎-伊良湖フェリーよりも短い。そのうちもう一回乗って、今度は両岸をじっくり徘徊してみたいものです。

130513-4.jpg

 あとオマケ。房総半島最南端の野島埼灯台で、強風を楽しむ2歳児&女性取材記者(ただの観光客)。
(まさ)
スポンサーサイト
千葉雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示