FC2ブログ

カンバンの手帖ブログ版0239

 先月下旬の話ですが、生まれて初めて西春で取材があったので、ついでに少し徘徊してみました。

130410-2.jpg

 西春の中心部あたりは車でも電車でもぜんぜん通らないし、町内にこれといって興味を引くようなものもないし、地面に足を付けた記憶が過去にほとんどありません。郵便局に2局行ったのと、セントレアができる前に名古屋空港へのアクセスバスに乗るため西春駅で降りたのと、そんなくらいじゃないだろうか。隣の師勝は、昭和をテーマにしたマニアックな歴史民俗資料館や「四君子」の蔵元があったが(なくなったけど→●□)。
 合併して北名古屋市になったのも「いつの間に!?」という感じ。それにしても旧町名は「春日井の西」、新市名は「名古屋の北」と、なかなかこう、なんというか、グッときますな。
 ついでに書くと、この市は住所表記が釈然としない。本来なら「北名古屋市△△字〇〇」と書くのが一般的だが、正式な表記として「字」を取ることにしたため、どこも「北名古屋市九之坪南城屋敷」「北名古屋市鍛冶ヶ一色鍛冶前」のように、ダラダラ。なぜこんなふうにしたんだろうか?まあ、この市あてに郵便物を出すこともないので別にいいんだけど。

130410-1.jpg

 そんな西春でちょっと気を引いたのがこの通り。西春駅の西口で、名鉄犬山線と並走する岩倉街道の旧道。ちょっとした町場になっております…って、古い地図を見てみたら旧師勝町だった。境界も釈然としないのである。
 あと、西春郵便局前の街灯に、こんなカンバンを発見。

130410-3.jpg

 西尾の三河新報や豊田の矢作新報みたいな超ローカル新聞がこの町にもあったのか!と思って検索してみたら、新聞折り込み型フリーペーパーの会社でした。そういう会社が街灯カンバンを出しているのも珍しい気が。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

以前この辺に住んでました

懐かしいです。2枚目の写真の範囲に住んでました。旧師勝町と西春町の境界は、右手に見える増屋さんと左手の若宮通の街灯のところ、これの手前側を結んだところです。これよりも奥が師勝で手前が西春になります。ちなみに若宮というのは師勝の地名で、西春側は宮前って言うんじゃなかったかな。駅前に小さなお宮さんがありました。
2000年にここを出て、両親もちょっと前に店を畳んでここを離れました。写真を見るととても懐かしいです。ありがとう。

まさ

Re: No title
ご覧いただきありがとうございます。師勝が若宮で、西春が宮前というのは面白いですね。Mapionで見ると、区画整理の影響か地名に宮前がなく、北町とか南町とか味気なくなっていますが…。
いずれ再訪して、もう少しこのあたりもしっかり歩いてみたいと思います。

くじら山こうじ

かすがい、かすかべ
西春町って、春日井市の西なの?
西春日井郡の頭を取ったのかと思ってました。
「春日井」っていうと、春日井市っていうイメージですが、小牧線の春日井駅を思うと、春日井郡が見えて来てちょっとうれしくなります。

まさ

No title
春日井市の西ではなく「春日井郡」の西という意味です。もともとひとつだった春日井郡は明治13年にが東西に分離しました。西春村は明治39年に成立し角川地名辞典には「西春日井郡より頭二文字をとった」とあります。
いずれにしても象徴的な広域地名や中心的町場がなく、伝統的に地名にはあまり依拠してこなかった住民性ゆえ、北名古屋市なんて「なんじゃそら?」という市名が採用されたのではないでしょうか。
伝統地名至上主義(なんじゃそら)に立てば、豊山と師勝の存在があったとしても「西春市」が妥当だったのに…と思う次第です。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク