花の子ルンルンルン

2013年04月01日
 乙川白山公園のあと立ち寄ったのは、阿久比川と半田運河に挟まれた堤防沿いの通称「東雲桜」。けっこう昔からの桜の名所だということを何かの郷土資料で読んだことがあるけど、突っ込んで調べていません。さいきん歩道を整備したという話だけど、この件も突っ込んで調べていない。もしかしたら来年、ローカル媒体に書くかもしれないので、そのとき突っ込んで調べてみようと思います(突っ込むどころか書かないかもしれませんが)。

130401-1.jpg

 おお、桜と菜の花の取り合わせがまさか豊川の佐奈川以外でも見られるとは。意外と見に来ている人が少なくて、ここも穴場的な風情。

130401-2.jpg

 いっぽう川の方に目をやると、人がいた。なんで!?シジミでも採ってるのかな?こんな場所で採貝風景が見られるとも思っていなかった。

130401-3.jpg

 でもって1歳児は、菜の花をむしって少女のように佇むのであった…。
 ただ、特に花が好きというわけではなく、地面から生えていものならなんでもむしったりちぎったりするのが好きらしい。今日は上重原公民館の裏で、つくしの頭の部分だけちぎって食べようとしていた。
(まさ)

------------------------------------
(2013.11.08追記)
 この堤防道路の愛称、公募によって「東雲ふんばり街道」になったらしい。すごいねどうも。
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示