FC2ブログ

職人技 on the 屋根0021/カンバンの手帖ブログ版0233

 今年も地味なところで締めます。
 先週ヒマつぶしに、嫁の実家から車で10分ほどのところに位置する瀬戸市水野を特に目的もなく徘徊してみました。瀬戸市西北部の大団地エリアになり、丘陵地の開発地帯には植物から採られた町名が連なっているのが目につく程度で、特にこれといった見どころはない…と思います。
 旧東春日井郡水野村の村域には瀬戸電水野駅と愛環中水野駅がありますが、いずれももとの村中心部からけっこう離れている。小・公・農が集まる本来の水野の中心部はこういう雰囲気のところです。

121231-1.jpg

 シブい、シブすぎる!
 右に見える酒屋さんは居酒屋(立ち飲み屋?)で、外から様子を伺うと日曜午後遅くだというのに常連の爺さんたちでにぎわってて驚いた。
 中心部だけでは物足りなかったので、水野川右岸の丘の上にある八幡神社にも行ってみました。そしたら、ここの社殿の屋根飾りが絶品。

121231-2.jpg

 美しい釉薬瓦の波を泳ぐ瀬戸焼(たぶん)の見事な竜が二匹!そういえば今年は辰年だったなあ、と最後の最後になって思い出した。12年後の辰年に年賀状の素材に困ったら、これを撮影して使われることをおすすめします。

121231-3.jpg

 あとオマケ。水野のはずれにあるもと酒販店で珍品を発見。JR武豊駅近くにあるユタカフーズの前身「ユタカしょうゆ」です。この銘柄のカンバンを見るのは初めて。
 ユタカフーズはもともと武豊港のそばで製材業としてスタートし、戦後にみそ・しょうゆの醸造をはじめ、やがてカップラーメンの「マルちゃん」や調味料を作るようになったという、珍しい歴史を持つ会社です。たまたま出会った元店主によると、3~40年ほど前にユタカしょうゆが経営する武豊のボーリング場に行ったことがあるとのこと。なんだそれは!来年はその跡地を探すことから知多半島の仕事をはじめようと思う…って、どうやったらこんなネタで仕事用の原稿が書けるっちゅうねん。

 そんなわけで、来年も仕事にならないネタを追いかける所存です。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

A112

あけましておめでとうございます
やはり瀬戸は瀬戸物なんですね。
無駄に(?)立派です。
飾り瓦は細い所折れてるのよく見かけますが
写真見た感じでは、破損等見られないですね。

火の見櫓や踏切など、マニアネタ楽しみにしています。

まさ

No title
たぶん瀬戸産だとは思いますが…。状態がいいうえに、作品としての完成度も高いのがポイントですね。
この神社から高蔵寺方面に1キロほど行ったところにある寺にも、味のある釉薬陶器の龍がいました。
非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク