旧碧海郡高岡村吉原区民館

2007年11月12日
 豊田市の南のはずれ、吉原町で見つけた渋い公共建築。

071111-1.jpg

 吉原町区民館です。よく手入れされた木造二階建ての立派なもの。特に素晴らしいのは玄関。

071111-2.jpg

 何調というのか知らんけど、飾りの付いた洋風の石柱が、なんとも田舎に似合わないゴージャス感を演出しています。いや、田舎だからこそか。
 以前聞いたところによれば、吉原・花園の丘陵地は昔はお茶の産地であり、豪農も多い土地だとかで、この区民館も裕福な農家らの寄附によって建造されたのかもしれません。詳しく調べてないのでわからんが、もと農協のような気もする。

071111-3.jpg

 こちらは区民館の斜め向かいにある火の見櫓&消防器具庫。火の見櫓ってなに?とマニアでない人に聞かれたので出してみました。火の見櫓もさることながら、観音開きの木製扉もポイントが高い。
 吉原町といえば、伊勢湾岸道からよく見える「ランドクルーザーのふるさと」(なんだそりゃ)と書かれたカンバンのトヨタ車体ぐらいしか目立つものがないと思っていたけど、意外にこんないいブツが残っていて驚きました。決して好きな市ではないが、豊田もなかなか侮れない。(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示