飯田線とマイナー作物

2012年11月25日
 新城市南部の野田や豊島あたりに、このような作物が植えられている畑が点在しています。

121125-4.jpg

 トウモロコシと雑穀を足して2で割ったようなモノです。
 気になったのでたまたま近くを歩いていたBARSANに聞いてみたところ、牛の飼料の「モロコシ」とのこと。へー、これはまたシブい特産品があったものだ。特産品と言っていいのかどうかわからないが…。

121125-2.jpg

 そんなわけで先週半ばに新城に行った際、モロコシ畑の脇を快走する飯田線を撮ってみました。東上と野田城の間です。なかなかシブい取り合わせである。飯田線で旅行する人は車窓を要チェックだ!

121125-5.jpg

 ついでにこの近くで、収穫の終わったダイコン畑と飯田線の取り合わせという写真も撮ってみました。シブいねどうも。
 人気路線である飯田線に、何か新しい切り口での見せ方はないもんかとずっと考えているのだが、考えるほどにこういうシブい方向に行ってしまい、飯田線的魅力から遠ざかっていくようだ。世間一般に向けての説得力がまるでないというか、仕事能力の限界かね…。
 
121125-3.jpg

 1歳児連れで撮ってたら、畑にいたBARSANがでっかい白菜をくれた。ありがとうございます。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示