のぎやん0008

2012年10月29日
 久々に近所の話題。
 先週末、ウチの1歳児を連れて高浜の春日神社&大山公園へ5年ぶりくらいに行ってみました。神社の一角が公園になっているところで、高浜市民の心の拠り所的な場所です。

121029-3.jpg

 さすが窯業の町、高浜。陶製の筒を積み上げた巨大なゲートに1歳児もびっくりだ!子育て支援センターなんかに置いてある巨大積み木っぽいぞ!
 園内を親子で徘徊していたところ(子連れだと不審者に見えないのはいいよね)、社叢の中にのぎやんを発見した。

121029-1.jpg

 こちらも、窯業地らしく陶製の像になっております。なお、台座の銘板に書かれた文字は「尽忠報国」。

121029-2.jpg

 ところが裏に取り付けられた銘板を見ると「名古屋市橘町 浅野銅器店謹製」と記されている。ということは、もとは銅像だったのが戦時中の金属供出で持っていかれ、戦後に陶器で再建したということか?経緯を知っている人がいたら教えてください。

121029-4.jpg

 園内には実にこう、昭和的な鳥舎もあったりなんかして、こんな地味なところに連れてこられて鳥もいい迷惑だろうけど、1歳児はそれないにテンションを上げておりました。そのうち、フラミンゴかクジャクかそっち系の鳥に「キャヒーッ」と鳴かれて、とてもビビってたけど…。
(まさ)

----------------------------------------------
◎のぎやんシリーズ 
0001豊田市林添町→●□
0002豊田市(旧旭町)杉本→●□
0003東栄町中設楽→●□
0004蒲郡市三谷→●□
0005名古屋市中村区名駅5→●□
0006常滑市古場→●□
0007安城市高棚→●□
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
ここの神社の狛犬が良いんですよ。
http://okirakuhobby.blog114.fc2.com/blog-entry-288.html

入口の陶器の狛犬も良いですね。ぬぼーとした表情で。
浅野銅器店
「浅野銅器店」の情報、探してました。
津島市蛭間小学校の二宮金次郎像の台座部分にも「浅野銅器店」の銘板が有ります。
現在の蛭間小の像はコンクリート製でやはり戦時中の金属供出で先代の銅像は応召?
したものと思われます。
最近、このコンクリート像の金次郎さんを調べています。
台座の竣工年と上の像が合わないのが多くあるんです。
名古屋市西区の幅下小学校の金次郎像が台座に昭和7年とあるんですが、
像はコンクリートでやはり上下が合わない。
学校の沿革でもよく分からないんです。
春日神社の乃木像についてはこちらに。
http://www.geocities.jp/km_study/gunshinzou_photo.htm

津島市蛭間小学校の金次郎像
http://kinjiro.a.la9.jp/hiruma.htm
No title
A112さん
参道にある陶製の巨大狛犬もインパクトあるけどこいつもすごいですね。作者の独自の解釈というか。

すぎやまさん
蛭間小学校の銘板はすごい。橘町といえば名古屋きっての仏具街。仏具以外にもかなり営業して業務拡大していたということなんでしょうか。

管理者のみに表示