中山太鼓と1歳児

2012年10月24日
 日曜日は、恵那市串原にある中山神社の大祭、通称「中山太鼓」を3年ぶりに見物に行ってきました。杉の木立に囲まれた狭い境内で、大勢の人がもみくちゃになりながら代わる代わる太鼓を打ちまくるという、超アッパーな祭りです。概要はこちら→●□

121022-1.jpg

 前日のライブは微妙なノリだった1歳児でしたが、やはり「神社+太鼓」の取り合わせは子供の心をもゆさぶるのだろうか、最初から最後までテンションが高いまま。帰る間際ごろなんて針が振り切れてどうにかなっちゃったのか、嬌声をあげながら境内をどたどた狂ったように走り回り、追いかけまわして疲れた。

121022-2.jpg

 曲が途切れたわずかの間に太鼓を叩かせてもらい、ご満悦の1歳児であった。もう3、4年もすれば、間違いなく打ち手の輪に入っていることでしょう。
(まさ)
スポンサーサイト
中濃・東濃雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示