FC2ブログ

ヘボと1歳児

 日曜日の午前中は、旧作手村(現新城市)の南部に位置する協和小学校で開催された「ふる里の秋を味わう会」へ。季刊誌「そう」の来年春号(2013年3月発刊)の取材ですが、地域住民も参加するオープンな催しだったので、1歳児も連れて行きました。
 作手で味わう秋のものとは、アマゴ、自然薯、そしてヘボ(蜂の子)です。

121021-5.jpg

 これですね。

121021-2.jpg

 この催しではさまざまな料理がふるまわれ、その主食はヘボの炊き込みご飯。女性取材記者は敬遠したのだが、1歳児は親が驚くほどモリモリ食べました。

121021-4.jpg
「オイチー、オイチー」(はっきりとは喋ってないが)

 揖斐川町の山の民のDNAがヘボ太郎にもしっかり受け継がれているのである…。
 ちなみに僕は、地元の方の勧めでヘボ飯に天然自然薯のとろろをかけていただいた。これがむちゃくちゃ美味かった。あと、赤蜂の子のカラアゲも、見た目はキツイがたいへんサクサクで香ばしく、じつに美味。ビールほしい~、って小学校ではいけません。

121021-1.jpg

 協和小学校は今年度限りで閉校になり、来年度からは旧村4校が統合されて「作手小学校」となります。統合後もなんらかの形で続くといいですが…。
(まさ)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク