最近行った集落~上伊那編

2012年09月07日
 8月に二度も行った上伊那郡の、特に書くこともない場所の写真をいくつか。どうでもいい写真の蔵出しシリーズの様相を呈してきましたが、このあたりで終わりにします。
 同じ伊那谷でも、下伊那郡のほうはまだ興味があるけれど、上伊那郡のほうは遠くて馴染み薄いもんで、いまひとつ熱心に攻めようという気になりません。西三河在住の人間に攻められても、上伊那の人も困るだろうが(何しに来たのアンタ?ってなもんで)。

120907-1.jpg

 箕輪町の木下地区(飯田線木ノ下駅のあたり)。巨木、HINOMI、そして街灯の「中一」である。なんじゃそりゃ。

120907-2.jpg

 南箕輪村の田畑駅。名前のごとく後ろは田んぼ、前は畑である。しかしこの駅、飯田線でもっとも地味な駅と違うか?他の候補は下島、下平、下市田、下山村あたりですが(下ばっか)、田畑に1票!
 この田畑駅の近くに、そのむかし死にかけた長者が飲んだら復活した、という伝説のある「不死清水(しんずらしみず)」なる水があります。

120907-3.jpg

 地元では「名水」とされているのに、暗渠からにょきっと飛び出した塩ビのパイプから水がどぼどぼ出ているという、なかなかの味わい深さ。7年ほどの同じ時期に前に見たときは、ここにスイカが冷やしてあったりしたのだが…。

120907-4.jpg

 同じく南箕輪村の標高が高いほうに位置する、大泉集落である。例によってHINOMIが!あるけれども伊那谷には火の見櫓が多いし、割と似た形状のものばかりだし、もう面倒くさいので見かけても撮らないこともあるのである。まあ、撮らないのは2~3割ですけど。
 えー、以上です。
(まさ)
 
スポンサーサイト
伊那谷雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示