梅田川¥可

2012年06月19日
 ただいま襲来中の台風4号により、豊橋の梅田川が氾濫危険水位に達しているというNHKの報道が、ヤフーニュースにアップされています。この川は三遠国境が源流で、天伯原(→●□●□)と高師原(→●□●□)の間を流れて船渡町で三河湾に注ぐ(けど埋立地帯なのでどこが河口なのかよくわからない)というマイナー二級河川。豊橋市民なら8割ぐらいの人は知っているだろうけど、全国的知名度はほぼゼロでしょう。
 いい機会ですので、どんな川なのかご紹介しましょう。こんな時でもないと撮った写真が活かせませんので。

120619-2.jpg
(2011.01.09撮影)

 野依町のあたりの朝景。味わい深いのである。

120619-1.jpg
(2011.01.09撮影)

 豊鉄渥美線、芦原-植田間の橋梁。トヨテツ最長の橋である。

120619-3.jpg
(2005.01.30撮影)
 
 もっとも下流に架かる大崎橋。右岸は大山町、左岸は船渡町。大崎校区の皆様方のライフラインなのである。

120619-4.jpg
(2005.01.30撮影)

 河口の船渡町から港大橋を望む。漁村風情も漂っているのである。
 うーむ、特に書くことがない…。とりあえず、あふれないことを祈っております。
(まさ)
スポンサーサイト
東三河雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ニュースを見て聞いた事の無い川だったので調べてしまいました。
こんな川なんですね。普通の川・・・
No title
少なくとも占部川や砂川よりは風情がありますな。

管理者のみに表示