昔の新しい駅のブルース


※クリックで拡大します

 実家の倉庫のゴミの山を整理していたら発掘されたものシリーズ。
 先日、開業間もない相見駅のことを書きましたが、上の写真は、昭和63年3月31に開業した逢妻駅と西岡崎駅の記念グッズです。工夫のないテキトーなデザインの記念切符、硬券入場券を模したメタリックなキーホルダー、余った予算で作ったとしか思えないミニはっぴの三点セット。記念切符は購入したもの、他の二点は駅の利用者にタダで配られてました。気前がいいというか、バブリーな時代だったなあ。野田新町や相見の初日は何か貰えたんだろうか。
 ちなみにこの日は三河安城も開業したんですが、さすがに逢妻、西岡崎とは違って注目度が高く、行ったらもう配布が終わってた覚えがあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
活動拠点…西三河・知立市
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク