カンバンの手帖ブログ版0208

2012年06月08日
 ここ1ヶ月ほど毎晩、30分から1時間ほどウォーキングにいそしんでいます。嫁の「痩せろ!」との声に応えてのことです。
 数年前から「痩せろ」といわれてて、ちょうど1年前には誕生日プレゼントに「マサイ族の歩き方を参考に開発された靴」という謳い文句のMBTというトレーニングシューズを貰ったものの、これまでなんやかんやで断続的使用で済ませてきました。とにかくこの靴、靴底が弓なりになってて不安定なうえ重いので、慣れない状態で少し歩くとハンパでないほど疲れる。そして、暑かったり、寒かったり、忙しかったりで、なかなか歩こうという気が起きなかったのです。
 ですが1か月ほど前、気候もよくなってきたことだし歩きを再開するか、と不意に思い立ちました。始めてしまうと自分でも意外に長続きして、ついに連続1ヶ月越えに成功。おととい体重計に乗ってみたら、2キロも減ってました。おお。
 もっとも僕には痩せたいという欲求はそんなになくて、高価なMBTを減価償却しなきゃというのと、考え事をするのに夜のウォーキングは最適というのが、歩き続けている理由です。
 コースは毎回完全に変えているのですが、自宅起点だとさすがにバリエーションがなくなってくるので、最近は車で夜でも使える駐車場のある施設(アピタ知立、刈谷市総合運動公園等)へ移動し、そこを起点に歩いています。夜とはいえ、見知らぬ住宅街や馴染みの薄い田園地帯を歩くのは実に新鮮で面白い。ただ、そのうち警察に職質されるんじゃないかと心配ですが…。

 で、前置きが長くなったけど、ここからが本題。深夜徘徊で知立中心部の内幸町をを歩いていたとき、このような街灯の商店街表示板を発見しました。次の昼間に再訪して撮影したものです。

120608-1.jpg

 劇場通り発展会だ!
 劇場通りとは、知立駅北東の旧国1「中町交差点」から東(山町方面)に伸びる旧東海道を中心とした商店街のことで、中山町に知立劇場という映画館があったことが由来だそうです。2006年に作った「西三河今昔写真集」(樹林舎)では、昭和40年頃の劇場通りの写真が出てきたので、地元で聞き取り調査をして掲載しました。興味のある方は図書館にでも行って本書のP30をご覧くださいませ。

120608-3.jpg

 この表示板を発見したのは旧東海道ではなく、旧東海道と三河知立駅を結ぶ通り。この道はかつて内幸町内にあった「第一劇場」(→●□)の裏手を通っています。劇場通りの名は第一劇場にも掛けていたようです。
 う~む、これだけ書くとなんだか昔からの住民みたいだ。しかし、8年住んでもそんなに馴染んでるふうにもならなくて、微妙な心持ちであります。

120608-8.jpg

 でもって、この道の奥にある三河知立駅。こういうマニアックなヒマつぶしに付き合わされる1歳児であった…。
(まさ)
スポンサーサイト
西三河雑 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示