4 OCEAN WAVE

2012年04月18日
 先月発刊された樹林舎「知多半島の昭和」(→●□)プロモーションシリーズ。
 当ブログでもたびたび書いていますが、知多半島の名鉄には廃止された駅がずいぶんあります。廃駅の写真なんぞというマニアックなものはなかなか見つからないのが常なのですが、今回、一つだけ遭遇し、本書に掲載しました。それは、河和線の四海波(しかいなみ)駅。
 これは、知多半島の歴史本を何冊も出されている半田のK先生が、若いころ自ら撮影されたもの。P175に大きく載せていますので、興味のある方は本書をご購入のうえご覧いただきたいのですが、今回はその別カットを、チラッとお見せします。

120417-1.jpg ジャーン!

120417-2.jpg ジャジャーン!

 効果音はいらないか。
 四海波駅は、武豊町最南端の富貴字笠松にあり、河和線開業時から昭和47年まで存在していました。今は埋立で見る影もありませんが、駅近くの海岸沿いに別荘が建ち並んでいたところ。たぶん愛電(名鉄の前身)がリゾート開発をしようと目論み、このような雄大な駅名を付けたのでしょう。三河湾ごときで「四海」とは大風呂敷な。
 名目としては、河和線複線化の前に「旧」布土駅と四海波駅を統合した「新」布土駅を設置したのにともない廃止、ということになってますが、昭和30年代の埋め立てでとっくに別荘地は消滅、もとより住んでいる人も少なく利用客がいないので、体よく厄介払いしたというのが本当のところでしょう。
 で、この四海波駅跡が今どうなっているかというと、こんな状況です。

120417-3.jpg

 ヤブ。

120417-4.jpg

 ヤブである。

120417-5.jpg

 駅前通りはいちおう残っており、新しい家が数軒建っております。奥に車が走っているのが国道247号。
 こんな具合に閑散とした地域だし、たぶん「サヨナラ四海波駅」とかのセレモニーはやらなかったと思われます。ある日ひっそり消えた、わが地元の谷汲線結城駅を思い出します(どうでもいいですが、結城駅の最後の利用者は僕でした)。

120417-6.jpg

 ちなみに旧布土駅があったのはこのあたり、と地元の人に教えてもらいました。右奥の山裾にみえるのは知多四国開山所・葦航寺。
(まさ)

-------------------------------------
◎知多半島の廃駅シリーズ
浦島駅→●□
「新」布土駅→●□
時志駅→●□●□
小野浦(仮称)駅→●□
スポンサーサイト
知多雑 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
通りすがりで失礼します。

地元の布土駅がいつ閉鎖したのか調べていて、四海波駅なるものがあったことを知り、調べてここにたどり着きました。

四海波公園は知っていましたので画像の場所は見当が付きますが、まさかそこに駅があったなんて・・・知りませんでした。
両親が移り住んだのが77年前後なので、両親も知らないと思います。

布土駅もよく利用していた身としてはなんだか涙が出そうな気分です。

海のそばに実家がありますが、松は15年ほど前まではたくさんありました。
今は本当に、一本もありません。
さみしい限りです。


突然の乱文申し訳ありません。
失礼します^^

素敵な記事をありがとうございました。
No title
樹林社刊「知多半島の昭和」もぜひご覧くださいませ。

管理者のみに表示