FC2ブログ

入院

入院患者はロングブーツです。
 昨年、表参道のカンペールで思い切って購入したもので、私にしては非常に高い買い物。手入れして長く使おうと、張り切って東急ハンズへ行き、汚れ落としクリーナーから靴クリーム、ブラシ、デリケートクリームと、ショップ店員さんにアドバイスを受けながら、一通り買い揃えたところまでは良かったのだけれど、実のところ靴の手入れなんて今までまともにしたことがない。そこで、もらったパンフレットを頼りに、こんなんでいいんかしら~と思いながら、お手入れしていたわけです。
 今年もそろそろブーツが似合う季節になり、「そういえば、あの時買ったマニキュア使ってないよなぁ」と、ブーツの先端部分の擦り切れたところへ、一塗り、二塗り。靴のお手入れしてる自分に(ものを大切にするってイイ!)と、ちょっといい気持ちでいたのに、翌朝起きてブーツを見ると、なんと黒いシミへと変わり果てていたわけです。
 まっいいか、ではさすがに済ませられず、近くの靴屋へ電話して原因と症状を伝えると、親切に応対してくれたものの、「おそらく元通りにはならないでしょう」との返事。でも、まだ直らないとは限らないし、持っていって見てもらおうか・・・。と考えていたら、地元雑誌で靴職人の記事があったことを思い出し、押入れに積んであった雑誌を引っ張り出すと、豊田市で工房を持っている靴職人を発見。「メンテナンス&クリーニング承ります」とのコメントに、この人なら治せるかもと希望を抱いてしまい、電話をかけて症状を伝えると、「よかったら見せてもらえないか」とおっしゃるので、今日の夜、ロングブーツを持っていきました。
 布と靴専用リムーバーで拭ってくれましたが、シミはなかなかしぶとく、簡単には取れない。それでも、こまめに拭ってメンテナンスをすれば、目立たないようになるそう。「一週間くらいかかりますが、任せてください」との力強い一言に、コロリといきそうでした。手入れの仕方が悪く、乾燥して色が褪せていたので、ついでにキレイにしてもらうことに。気になるメンテナンス代は、「料金は通常の半額くらい、ボランティアのような価格です」と、最初に言ってくださったから安心して預けることができました。
 ショックだったのは、ハンズで買ったメンテナンス商品の一部が不要だったこと。特にマニキュアは使わないほうがいいらしい。「これも、勉強したってことで」といわれ、納得できました。ついでに手入れの仕方を教えてもらったので、ちょっと紹介。
 ・普段の手入れは、ブラッシングと布の拭き取りで十分
 ・クリームは一ヶ月に一度でよし
 ・なんでも少量ずつ使う
 ・塗った後は拭き取る、これ大事!
今までの手入れは何だったのか。靴職人さんの工房では、靴の手入れの仕方の教室をこれから開くそうなので、また決まり次第、ここで紹介します。ロングブーツの帰りが楽しみです。(まり)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

MARUKA-DO

----------------------
東海地方を縦横無尽、
全国各地に神出鬼没の
取材・執筆・編集事務所。
----------------------
まさ…岐阜・揖斐川町出身
まり…愛知・尾張地方出身
2003~2019愛知県知立市在住
2019~岐阜県揖斐川町在住

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

全記事表示リンク