恋のセンチメンタルシティ0009

2012年03月05日
 前回の坂道の関してコメント欄にレスポンスがあったので、また「叙情都市名古屋(→●□)」の取材で行った坂道の写真でも。鳴海を徘徊した時に歩いた坂道です。

120305-1.jpg

 旧東海道から少し入ったところにある坂道。し、シブい…。原稿にするには、なにか名前を付けた方がいいかな?ここは、坂の下にあるお寺の名前から「東福院坂」とでもしましょうか。
 

120305-2.jpg

 東福院前の坂道を登り、頂上から宿場町方面へと下りてゆく坂道。鳴海城址があるので「城跡坂」とでもするか。名前を付けるとそれっぽくなりますね。
 で、時間帯も悪かったし、この時に撮影した写真はボツになりました。後日、木村氏と歴遊舎岩月氏の二人で再訪し、鳴海はその写真を1枚、掲載しています。
 ところで、この二つの坂の頂上には、どどーんと富士山がそびえていました。

120305-3.jpg

 しかも溶岩流まで!?
 この富士山、名古屋市内の公園にはけっこうの数があるらしく、これマニアの方もいるそうな。

120305-4.jpg

 木村氏が叙情を探し求めているあいだ、私と岩月氏は暇潰しに登山していたのでした…。
(まさ)

---------------------------------------------
111129-1.jpg ←クリックで拡大します
叙情都市名古屋 木村一成写真集
A5判変形・100ページ・オールカラー/2,480円
写真 木村一成
発行 歴遊舎
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
名古屋にもこんな所があるんですね。

「城跡坂」が良いですね。
自転車で下ると怖そうです。
No title
近所のガキがやって転んでケガしそうですな。
富士山はMTBの練習にぴったり?
No title
山上のシルエット・ロマンスだ。
って、何それ?
いい夕方でしたが、写真にはもう暗すぎましたね。

管理者のみに表示