恋のセンチメンタルシティ0008

2012年03月03日
 東浦町問題に関して今日の中日新聞によると「前町長の悲願」「市になれるという声がプレッシャーだった」だって。なんというか、現場の行政マンも苦労するねェ。
 でも、東浦町の犯したミスはどの自治体でもありそうな話ですな。

 そんなことはどうでもよくて、木村一成氏の写真展から早くも1年たったことだし(→●□)、久しぶりに名古屋のネタでも。
 去年の3月というと「叙情都市名古屋(→●□)」の取材では守山区あたりをウロチョロしてました。みんなで写真を見返していたら「なんか守山が手薄だね」という話になったので。
 実はわたくし親の仕事の関係で、昭和50年以前にちょっとだけ守山区の松坂町に住んでいたことがありまして、名古屋でもっとも思い入れが強い区で…ということは特にございません(じゃあなんで書くんだ)。
 守山区を通るときにいつも思うのが、風景がどうにも「東春日井郡」な感じで、名古屋の中では異質だということ。あと、「守山」という地名から喚起されるイメージがどうにも曖昧。どうして合併しちゃったんだろうか。合併してなかったらどんなアイデンティティを持ちえただろうか。もと区民としては実に残念…ということは特にないですが。

 一年前の守山区めぐりでは、まずアピタ新守山店に行ってみました。なにしに?立体駐車場からの景色を味わいに、ですよ。大型店の立体駐車場が穴場のビュースポットであることは一部マニアの間では常識で、現在某出版社で「グレイトビューズ・フロム・パーキング」という本の企画を進行中です(ウソ←取材許可がたぶんどこからもおりないだろう)。

120303-2.jpg
(2011.03.29撮影。以下同じ)

 守山のランドマークと言えばまずコイツ、JR新守山駅南西にどーんと置かれた東邦ガスのガスタンクだ!

120303-1.jpg

 そして南を見るとナゴヤドームが!って、ドームの所在地は東区だけど。どちらも地球に下り立ったUFOのようだ…などとライターの資質を問われるような表現をしている場合ではない。
 これらをこんなふうに撮っても面白くもなんともないんで、面白く見えるところを探してみました。

120303-3.jpg
↑道路の真ん中から撮影に挑む木村一成氏

 守山区名物ガイドウェイバスの守山市民病院前駅付近から見たガスタンク。僕の写真だとこんな程度ですが、このとき木村さんは超望遠レンズを使い、もっとSFチックな写真を撮ってました。その写真のインパクトはものすごかったんだけど、叙情というか異質すぎてニセ「TOKYO異形」(東京新聞写真部)になっちゃうので、あえなくボツに。

120303-4.jpg
↑さりげなく通行人も収めようとする木村一成氏

 こちらは守山区市場(矢田川橋を渡ったあたり)から見たナゴヤドーム。ここは矢田川ほとりの高台にある古い町というか集落で、城跡があり、地名を見ても守山のルーツといえるような地域。やっぱりちょっと異形系ってんで、ここで撮ったのもボツ。

120303-5.jpg

 この守山市場から北方向へは、このような味わい深い坂道もあったりします。名古屋は意外といい坂が多くて、これが東京だったらタモリが本にしてくれるんだろうが、名古屋で坂道本を出すのは(売上的に)無理だろう。どこか果敢な出版社ないっすかね?

120303-6.jpg

 この坂道を木村さんとフラフラ下っていき、坂の下の鳥羽見へ。整然とした区画に40年代チックな民家が並ぶ、実に名古屋的な風景の町。シブくて好きなんだけど、良さを文章でも写真でも伝えにくいというところ。
 右に見える八百屋さん「フード守金」に入ってオヤツを調達したところ、店の人がなかなか感じよかったので、撮影させてもらいました。その写真は本書に掲載しています。
(まさ)

---------------------------------------------
111129-1.jpg ←クリックで拡大します
叙情都市名古屋 木村一成写真集
A5判変形・100ページ・オールカラー/2,480円
写真 木村一成
発行 歴遊舎
スポンサーサイト
名古屋雑 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
名古屋の坂道本
期待しております (^^)
タモリのは買いましたが、東京には思い入れも馴染みも無いので・・・
名古屋がだめなら、岡崎でも、三河でもいいので是非。
自費出版なんてダメ?
No title
著者総持ち出しの自費出版、天が許しても嫁が許さないでしょうなあ…。
なにか世に出す方法はないか、考えてみます。
守山市民病院前駅付近から見たガスタンク
 私も先日、あの交差点でたまたま信号待ちで止まっていてあの風景に遭遇してしまいました。
 夕陽のコントラストの強い光の中だったということもあってか、ガスタンクがまるで宇宙港や着陸したUFOに見え、行き交う車は全部そこから出てきたようで。
 「V」や「第9地区」といったSFものを思い出してしまいました。

 その木村氏のインパクトがものすごかったという写真、見たかったなあ。
No title
第9地区!たしかに。
とにかくボツ写真が大量にあるので、そのうち日の目を見るような企画を考えたいと思います。

管理者のみに表示