9ヶ月が過ぎた

2012年02月07日
 9ヶ月が過ぎた1月末頃から、坊ちゃんは急にご飯を欲するようになった。とくに大根が大好き! 大根を見せると小鳥のように口を開け、もっとくれ、はやくくれいと全身で意思表示する。いやぁ、今まで食べなかったのがウソのよう。塩抜きしたシラスや茹でた鶏ササミ、ほうれん草や菜の花といった菜っ葉類も食べてくれる。
 思い返せば母乳もそうだった。最初は保健センターに相談の電話をかけてしまうほど飲めなかったのに、一ヶ月経つとグイグイ飲むようになった。その子なりにゆっくりと成長し、生きる術を身に付けていく。ほんとに心配する必要なんてないんだなぁ。

120120-4.jpg 120131-3.jpg
↑赤ちゃん煎餅、大好き!  大根を食べる陽太郎。↑
120120-5.jpg
さつまいもは口に合わないみたい。

 そうそう、先日、予防接種以外の理由ではじめて病院へ行った。熱はないけれど咳の仕方が気になり、母乳を飲むのが苦しそうだったから。ただの風邪と診断されたけど、軽い気管支炎では?というワタシの心配を汲んでくれたのか、計5種類の粉薬が処方された。もちろん、飲みやすいようにまとめてくれたんだけど、それでも薬袋は2つ。これを食後に水に溶かして飲ませてくださいという。離乳食もまともに食べないのに、食後ってか?(その時はまだ離乳食をほとんど食べなかった) 。病院の受付で薬を受け取った時に聞けばよかったのだが、咄嗟のことで聞けなかった。
 家に帰ってから薬剤師の友人に聞き、5時間ほどの間隔を置けばいつでも飲ませてよいこと。水でなくとも温度低めの白湯に溶かしてもいいことなどを教えてもらう。赤ん坊でも薬はまずいと分かるのか、半分くらい吐かれたが、数日のうちに鼻水も咳もおさまった。
 しかしながら、乳幼児に粉薬。あれは何とかならんのか。そして、診察時間が限られているかもしれないが、もう少し、薬の飲ませ方などのアドバイスが欲しい。いつだったか、新聞のコラムに“産後こそ母親学級を”というドクターの話が紹介されていたが、本当にそう思う。薬はどうやって飲ませたらいいの?、そんなことが新米ハハにとっては気がかりで、ハラハラするのだ。

 もうひとつ、個人的に知りたいこと。着物を着ている時、授乳はどうやるのか。あるサイトで身八つ口から授乳する方法が載っていたけど、かなりの巨乳じゃないとこれはムリ。着物での授乳方法、教えてほしい。


おまけの写真。柔肌の陽太郎と比べるとダンナは・・・。
120131-1.jpg
スポンサーサイト
そのほか | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示